最近の活動

2024年2月2日 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCのIoTシステム技術上級検定で講演を行いました.

講演タイトル”IoTのセキュリティ”

 

2023年8月4日 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCのIoTシステム技術上級検定で講演を行いました.

講演タイトル”IoTのセキュリティ”

 

2023年2月24日 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCのIoTシステム技術上級検定で講演を行いました.

講演タイトル”IoTのセキュリティ”

 

2022年9月17日 アドイン辻井ゼミ土曜会で講演を行いました。

講演タイトル”GPS信号のハッキング”

 

2022年8月5日 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCのIoTシステム技術上級検定で講演を行いました.

講演タイトル”IoTのセキュリティ”

 

2022年4月21日 Udemyオンライン講座【サイバーセキュリティハンズオン】IoTホワイトハッキングの始め方(無線通信編)を開始しました.

本講座では,IoTの無線通信に焦点をあて,ハンズオンで以下のハッキング技術を学びます.皆さまの受講をお待ちしております.

https://www.udemy.com/course/iot-hhbv/?instructorPreviewMode=guest

 

2022年2月28日 エイエスアール株式会社(ASR)にオンライン講演資料を寄稿しました.

講演タイトル”IoT・AIのサイバーセキュリティ”

 

2022年2月25日 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCのIoTシステム技術上級検定で講演を行いました.

講演タイトル”IoTのセキュリティ”

 

2021年8月6日 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCのIoTシステム技術上級検定で講演を行いました.

講演タイトル”IoTのセキュリティ”

 

2021年5月17日   セキュアオンライン(株)主催のウェビナー「フォレンジックで”予防・早期発見・事後対策”、インシデント被害を最小化する方法とは」にパネリストとして参加,講演しました.https://cybersecurity-jp.com/hosted-event/51389

 

2021年3月27日  情報セキュリティ大学院大学で最終講義(オンライン)を行いました.

講演タイトル”サイバーセキュリティの広がりとホワイトハッカーの役割”

 

2021年1月19日  電子情報通信学会”2021年暗号と情報セキュリティシンポジウム”において下記講演を行いました.

佐藤直 辻井重男 才所敏明 山本博資 近藤健 山澤昌夫「デジタル通貨の記番号と管理に関する提案」

内容は中央銀行デジタル通貨CBDCの提案です.紙幣に印刷されている記番号を全てのCBDCにつけ,また,その記番号に有効期限を設けて利用記録をとりデータベース化することで,通貨利用のセキュリティや利便性を向上させる運用管理システムを提案しました.

 

2020年12月11日 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCのIoTシステム技術上級検定で講演を行いました.

講演タイトル”IoTのセキュリティ”

 

2020年10月6日     オンラインセミナ「ジャパンセキュリティサニット2020」で,”持続可能なシニアの研究・教育活動の模索 -個人事業の例ー”と題して講演しました.内容は定年後の研究活動を継続するため,個人レベルでの教育事業の提案です.

 

2020年7月31日 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムMCPCのIoTシステム技術上級検定で講演を行いました.

講演タイトル”IoTのセキュリティ”


2020年6月4日 下記の共著論文が電気学会論文誌C140 巻 (2020) 6 号に掲載されました.

石井 和行, 佐藤 直, 松井 俊浩 ”RSSIを用いた信号源への接近離反判定の信頼性を上げる方法の提案”

http://article.sapub.org/10.5923.j.ajor.20201001.01.html

 

2020年5月19日    下記記事が電波技術協会報FOREN(No.334 2020年5月10日発行)に掲載されました.

佐藤直「味方にも敵にもなるディープラーニング」

AIの中核技術であるディープラーニングが,情報セキュリティ向上に貢献している一方,ディープフェイクなどに悪用され,サイバー空間・物理空間でのセキュリティリスクを増している現状を紹介したものです.

 

2020年4月29日 下記の共著論文がAmerican Journal of Operational ResearchのHPに掲載されました.

Kazuyuki Ishii , Naoshi Sato , Toshihiro Matsui ”Optimal Decision Number of Times for Search by Approach and Departure with RSSI”

http://article.sapub.org/10.5923.j.ajor.20201001.01.html

 

2020年3月21日 情報セュリティ大学院大学の修了式に参列.在籍時に研究室院生だった石井和行氏が論文「受信信号強度に基づく信号源位置の効率的探索の研究」で博士(情報学)の学位を授与されました.おめでとうございます.

 

2020年3月2日 情報処理学会・第36回セキュリティ心理学とトラスト研究会に「フェイク情報の信じやすさと対策の基本検討」を投稿(新型コロナウィルス対策のため研究会は開催されず)

 

前の記事

ITつまみ食い通信